三丸 文也(みまる ふみや)
| 動画 | トピックス | 文也の窓 | プロフィール | 私の政策 | 過去の議会活動 | 主な成果 | 市政メール箱 | リンク | トップページ |

1998-2000年 2001年6,9月 2001年12月 2002年 2003年6月 2003年9,12月 2004年6月 2004年9月 2004年12月 議会改革


平成16年12月議会

1.  平成17年度予算編成について

  税収の減少、三位一体改革による補助金等の削減等により、地方自治体の財政は非常に厳しいものとなっている。
従って平成17年度の予算編成は従来よもさらに効果、効率に配慮し、市民サービスに重点を置いた予算にするべきとの考えから、次の質問を行った。

質問 編成の基本方針

答弁  歳入では税収の大きな伸びは見込めず厳しい状況が続く。

  従って三位一体改革を考慮した予算要求基準を示し編成を行う。

質問 重点項目

答弁 「健康増進施策の推進」「子育て少子化対策の拡充」「文化芸術 社会の推進」「市営斎場整備事業」「都心推進ルネッサンス計画の推進」

コメント 当市の予算総額は元々、人口が同規模の他都市に比べ約100億円少なく、その影響もあり市民サービスが遅れている。
従って次年度予算編成では行財政改革を徹底させ、ただでさえ遅れている市民サービスをさらに遅らせないようにしなければならない。  

2.  廃棄物処理について

新しいごみ焼却炉を運用し、約一年半が経過したので、その現状と問題点への対応を明確にするため質問を行った。

(1) 廃棄物の収集及びリサイクルについて

質問 プラスチック、生ゴミの分別、収集に対する市の考えは

答弁 現在ペットボトルのみ分別収集しているが、今後トレイ及び生ごみの分別収集について検討する。

質問 長期未収集による不便を早急に解消すべきである

 答弁 新年度から2回連続して休業日とならないよう改善する。

(2)質問 焼却施設の運用状況につぃて

答弁 飛灰の発生量の減少に努めているが、他はほぼ当初予想した通り

(3)最終処分場の整備について

質問 現在三重県伊賀市へ搬入し処理しているが、地域内処理の原則及び経済性からみて、早急に整備することが必要である

答弁 最終処分場の整備は重要な課題であり整備に向け検討を始める。

コメント 資源の有効活用の面からもプラスチック 生ごみのリサイクルには真剣に取り組む必要がある。
正月 ゴールデンウイーク等のごみ収集休業による 不便が来年度からほぼ解消される目途がついた


3.  市長公用車の運用について

  市長公用車の適正な運用を確保するため、次の質問を行った。

質問 市長公用車のドライバー2名の時間外運用実績は各々1150時間、430時間となっている。

月平均130時間の運用となり、極端に多い、また、公式スケジュールに基づくと思われない運用が数多く見られる。

公用車運用に関する基本的な考えは

答弁 会議や行事集会等への出席のため、移動が必要となる場合に利用している。 

コメント 現在の公用車の運用は公金の使用また職員の労務管理上、問題があり、早急なる改善を要する。


| 動画 | トピックス | 文也の窓 | プロフィール | 私の政策 | 過去の議会活動 | 主な成果 | 市政メール箱 | リンク | トップページ |

アクセス数 : 47848

Copyright,2001-2017 MIMARU Fumiya All rights reserved.